露茎や仮性包茎の場合

長く風俗店で働いている女性であれば、男性のペニスに関する「包茎」というものはおそらく熟知していることでしょう。
そうでない女性であっても、「包茎」という言葉や少しぐらいの情報は頭に入っているかと思われます。
ですが、風俗初心者の女性などは実際のところ「包茎」の詳しい知識はそこまでわかっていないはずです。
やはり、多くの男性と経験が少ないような女性の場合には、数多くのペニスを見ていないことが大きな要因でもあるのです。
そもそも、包茎には大きく分けて「仮性包茎」と「真性包茎」の2つがありますが、この2つは大きく違ってきます。

特に「真性包茎」の場合は清潔度、さらには衛生面で問題があることもあるのです。
上記の「仮性包茎」や「真性包茎」に属さないペニスのことを一般的に「露茎」と呼ばれます。
「露茎」というのは文字通り皮が最初から剥けて、亀頭が普段から露出している状態のことをいいます。
このタイプのペニスは常に亀頭が皮からむき出しの状態でいますので、一番清潔にしときやすいペニスだといえるのです。
ただ、このタイプのペニスは日本人の約2~3割くらいで、元々その状態な人もいれば「真性包茎」などを手術治療してこの状態になっている人もいるのです。
風俗でのお仕事という面だけを考えるなら、このペニスが一番楽にお仕事ができるといえるでしょう。

次に「仮性包茎」になるのですが、この状態のペニスが日本で一番多いといわれています。
日本人男性の約6割~7割ほどが「仮性包茎」だといわれているぐらい多いペニスになってきます。
ですので、風俗のお仕事で男性のペニスをたくさん見るとき、一番多く遭遇するのがこの「仮性包茎」のペニスになるのです。
女性のクリトリスも、日本人の場合は常に頭が露出しているというより普段は皮のなかに隠れていて、興奮して大きくなると露出するようになるタイプが多いと思いますが、ある意味それと同じ感じだと捉えてもらって何の問題もありません。
このペニスは、小さいときには亀頭が皮に半分以上包まれていたり、場合によっては全て包まれている場合もあります。

中には「真性包茎」かと思えるくらい皮がかなり余っている人もいますが、きちんとカリまで剥けるのであればそれは「仮性包茎」のペニスなるのです。
「仮性包茎」のペニスは、勃起していないときでもきちんと皮を剥けば亀頭を出すことができます。
ですので、いつもお風呂で亀頭を出してきちんと洗っている「仮性包茎」のペニスなら、皮と亀頭の間に垢を溜めず清潔にしておくことができるのです。

もちろんしっかり洗っていない場合には多少臭うことがありますが、そういったときもシャワーで石鹸をつけてしっかり洗えば何の問題もなく接客ができることだと思われます。